三栄時計株式会社
 代表取締役社長
鏑木 祥太朗 SHOTARO KABURAGI

お客様に応じたオーダーメイドのサービスを提供。止まっていた時を未来に進める役割を担う

時計および付属品のきめ細やかな修理とアフターサービスで多くのお客様と信頼関係を育んできた三栄時計株式会社。鏑木祥太朗 代表取締役社長はデジタル化が進む今だからこそ、アナログな“温かみ”のあるサービスに価値があると説きます。

時計を持つ喜び、ニーズは不変。このニーズに地道に応えることこそが私達の役目

コロナ禍により外出の機会が制限される中で、「時計の修理は急ぎではない」という消費者マインドは少なからず市場に蔓延しています。ただし、一口に時計と言っても持つ方、身に付ける方によって時計に対する価値は大きく2つに別れます。一つは文字通り計器として、時間を知るためのツールとして利用することを目的とした方。もうひとつがステイタスや想い出など、身につける喜びを伴った装飾品として価値を見出している方です。後者はこのコロナ禍でも関係なくオーダーしていただいており、そういった方への期待に地道に応えていくことこそが、三栄時計の価値であり、今後の信頼に繋がるのではないかと思っています。

お客様の気持ちに寄り添うこと、想いを汲み取ることに価値がある

デジタルウォッチなど、アップデートとともに使い潰される時計に一定のニーズがあることは無視できませんが、それに対してアナログ時計が持つ特有の温かみに対する欲求、先に述べたような持つ喜びというニーズは不変です。こういった人が大切にしたい思いがある以上、私達の役割はなくなりません。同時に形にできないお客様の思いが込もった大事な時計をただ直して終わりという“作業”で終わらないように心がけています。それは修理後の時計を気遣うお客様へのお手紙であったり、ちょっとした一言であったり、ささいな事ではありますがそういった積み重ね、寄り添う姿勢がお客様の信頼を得ることだと思っています。

異なるニーズを汲み取り、お客様にあったオーダーメイドのサービスを提供する

家庭で受け継がれてきた時計や大切な人から譲り受けた時計、また保証は切れたものの大切な想い出の詰まった時計など私達は「人の想い」が詰まったものを取り扱っています。人の価値感が様々であるように、持ち込まれる時計に対する当社への期待は各々異なります。そのためマニュアル通りのサービスではなく、求められるニーズをしっかり汲み取り、それぞれに最適なサービスを提供することで今後もお客様の真の満足を得ていきたいです。同時に私達の一瞬、一瞬の行動が、お客様の止まっていた時間 を未来に進める要因となっていることを社員一同に再認識させ、誇りをもって業務に取り組んでいきたいですね。

RECRUIT採用情報

「未来」を一緒に
作れる人材を探しています。